面接のときに履歴書は必要になるの?

アルバイトや定職に就くときには必ず必要となるのが「履歴書」です。自分の学歴や特技などを書いて自己紹介をするための紙で、就職にとって一番最初のきっかけをつくる物となっています。ですが、素性を隠して働く風俗店に就職するときには履歴書を必要とするのでしょうか?

風俗店に履歴書は必要?

風俗店で面接をするときには履歴書が必要だというところもあれば不要だというところもあります。お店それぞれですが、多くは不要だと言っているようです。風俗求人情報サイトなどを見ていると、「履歴書不要」としっかり書かれているので、きちんと読みましょう。また、逆に「履歴書必要」と書かれている場合はきちんと明記して持って行きましょう。高級ホステスなどでは履歴書が必要となる場合があるので、お店のいう事はきちんと守りましょう。

風俗店専門の履歴書

風俗店には、履歴書が不要になる場合は多いのですが、ほとんどのお店では風俗店専用の履歴書が用意されています。緊急の連絡をするための住所氏名などを書くのはもちろん、店によっては雇用契約をきちんと結ぶので、記入は必要となります。説明と文面をよく理解してから署名するようにしましょう。少しでも不明なことがあったら理解できるまで尋ねてくださいね。
風俗専門というのは、「得意なプレイ」や「いままで行ったことのあるプレイ」、「苦手な行為」など、風俗に関する質問票とも言えます。自分がどの程度お客様にサービスできるのかをお店に伝えるためにもしっかりと記入しましょう。
履歴書は働くうえで必要なものとなりますが、風俗の世界ではあまり必要ではないのかもしれません。お店のいう事をしっかり聞いて、面接に臨めばきっと採用されるはずです。
風俗求人を見てこれから面接に出かける人も多いでしょう。
風俗求人を見て面接に出かけるならポイントをおさえましょう。

面接に行く前に問合せをしましょう

風俗求人サイトを見て、わからないことや疑問に思ったこと、不安に思っていることなどがあればその都度問い合わせをするといいでしょう。そのときに電話応対でどのような対応をしてくれたのか、それによっても、お店の信頼度がわかります。

面接時は納得できるまで聞く

grshtrshtsr
面接を受けるときは自分が納得できるまで話をちゃんと聞きましょう。複数の風俗店をはしごして、自分が納得できる店を選ぶことは重要です。お店を選ぶというのは、今すぐにでも働きたいと思っている人にとっては面倒なことかもしれません。できればすぐにでも決めて働きたいという人もいるかもしれませんが、それでは納得した上で働くことができずに、働き始めてから後悔をして、その結果長続きしないのです。最初に時間はかかるかもしれませんが、あらかじめ風俗面接でしっかりと時間を割いて店選びをしていればあとで失敗したということはないでしょう。

体験入店を利用する

店によっては体験入店を行っているところもあります。試しに1日だけ入店させてもらえる制度です。これなら雰囲気を知った上で、仕事内容も確認できて、自分が働いていけそうかどうかがわかります。転々と色々な店を渡り歩いて自分に合う所を探すよりも、体験入店をして決めたほうがいいでしょう。面接や体験入店時は、店の電話がなっているかチェックも必要です。電話がかかってきたりお客さんがたくさん出入りしていたらそれだけで活気あることがわかります。
面接は時間をかけて複数の場所を見ることが重要です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP